ベトナム女子の日本語通訳のおしごと

ダラット旅行の体験

今回はダラット旅行に来たら、是非食べてほしい名物料理と観光地をご紹介します。

ダラットはベトナム中南部に位置する、標高1400mの山の麓に広がる町です。

ダラットはフランス統治下の時代にフランス人の避暑地として栄えました。 現在でもフランス風ヴィラが建ち並び、西洋風のショップや家々が軒を連ねて当時の面影を残しています。

こんにちは!当ブログの日本語監修の者です!
日本語の確認をしながら、ベトナムはこんな感じなのか!ベトナムにはこんなものがあるのか!と驚いたり発見したりしています(*^_^*)
ベトナムにある西洋風の建物…日本にも全国各地に西洋風の建築物や観光名所がありますが、また違った良さがあるのでしょうね!

27699799504_35b1e3e900_o

ホーチミン市から車で6時間かかるが、のどかな雰囲気を体験したい人に対してバイクで運転することは面白いと思って、6時間以上です。私たちはホーチミン市から午前5時に出発して、午後14時到着です。

ホーチミン市から車で6時間かかりますが、のどかな雰囲気を楽しみたかったので、移動手段をバイクにすると楽しめると思い、バイクで6時間以上かけて移動しました。

ダラットに着いたら、予約したホテルにチェックインして、ダラットの観光を始めました。ここに、別荘がたくさんあります。ホーチミンなどの都会に比べて空気が綺麗なので、気持ちがいいです。

6時間以上かけてバイクで!?
時間がかかり、大変な移動だったでしょうが、自分たちのペースで休みやすいなど、メリットも多そうで楽しそうですね!

28034710260_54ba0a13d8_o

昼過ぎに到着したので、遠出はせず、町の中で遊びました。

27699852794_e949a232b8_o

ダラットの中央にある大きな湖になリます。「スアンフーン湖」は全長約5キロ広大な湖です。
湖畔に佇むカップルや釣りを楽しむ男性、馬に乗って散歩している人などを目にすることができます

湖畔を反時計回りで回り,すぐそばにある辻馬車です。

こちらはダラットの中央にある大きな湖です。「スアンフーン湖」は全長約5キロ広大な湖です。
湖畔に佇むカップルや釣りを楽しむ男性、馬に乗って散歩している人などを目にすることができます湖畔を反時計回りで回りした所の,すぐそばにある辻馬車です。

collage_photocat

ベトナム人は誰もが知っているランとビアンの二人の伝説(七夕伝説のような御伽噺です)が作られた山です。
麓ではジープや馬に乗って中腹まで登ることができるほか、山頂まで本格的な登山をすることもできます。

ジープは6人乗りで、麓のジープ乗り場から乗車することができ、運賃は30万ドン(1500円)かかります。

山頂から見ると、都市のパノラマが見えて、気持ちが良くなります。

馬に乗って移動も楽しそう!広大な湖の近くを馬でゆったりと移動すると、癒されそうですね!
あと、ベトナムのお金の『30万ドン』に少し驚いています……値段は日本円で1500円らしいですが、『万』って聞くとびっくりしますね…!(@_@)

28316075035_b7a5b06e63_o

ここの気温は少し肌寒いので、abatoaという名前の牛鍋が一番人気です。とても美味しくて、安くて、1杯4人分で24万ドン(1200円)で、皆さんのお腹がいっぱいになると思います。

collage_photocat

こちらはイチゴです。ベトナムは常夏の気候なので、寒い季節に咲くイチゴは栽培には不向き。しかし、ダラットは標高が高いので、気温差を活かしてイチゴを栽培することができます。訪れたときに、おいしいイチゴにめぐり合えるかもしれません。1キログラム30万ドン(1500円)です。

牛鍋もいちごもおいしそう…!
牛鍋は日本のすき焼きに似ていますね。味も似ていますかね?

28034250420_f417a7f81b_o

これは初めて友達と像に乗って周辺を散策することができます。面白い体験だと思います。
1435194418_cho_dem_da_lat

日が暮れてくると、徐々にダラット市場周辺に屋台が建ちます。市場前はロータリーとなっていて、この周辺からスアンフーン湖に向かう道沿いに至るまで、びっしりとお店が並びます。このナイトマーケットは毎夜開催されますので、食事はここでとるのもおすすめです。

an-vat-tai-cho-dem-da-lat

串焼きや鍋、麺、貝料理がメインに並ぶ

ナイトマーケットに並ぶ店で長そでやセーターといった衣類を購入するのもあり。値段交渉は必須ですが、ホーチミンやハノイのような外国人でごった返している町ではないので、ぼったくられることもまずありません。

ここで屋台料理を食べるつもりの方は、いろいろなお店で少量を購入して、食べ歩きしてください。くれぐれも麺料理一杯でお腹を満たさないように。

ダラットの紹介ありがとうございました!
美味しくて安い食べ物や、楽しそうな体験がたくさんできる充実した観光地ですね!

PR
勤怠管理のことならかえる勤怠管理シリーズ